japan

국제고려학회 일본지부 소개

HOME   >  본부/지부 >  일본지부 >연구회

日本支部研究会

人文社会研究部会

1991年 第1回
10月19日
韓国製造業労働者の現況
滝沢 秀樹(甲南大学教授)
第2回
12月21日
朝鮮朱子学と社会の特質 -16世紀の李栗谷を中心として-
辺英浩(大阪市立大学講師)
1992年 第3回
2月22日
従軍慰安婦前史 -朝鮮の「からゆきさん」-
宋連玉(立命館大学講師)
  第4回
4月25日
在日朝鮮人の経済活動について
金哲雄(大阪経済法科大学助教授)
  第5回
6月20日
「韓国NIES化の政治経済学」 ー支配三者体制下の開発と社会変動ー
朴 一(大阪市立大学助教授)
  第6回
11月14日
在日朝鮮人にとっての就学通知
李月順(関西大学講師)
  第7回
12月19日
高麗人蔘産業の韓日比較
金孝仙(近畿大学大学院)
1993年 第8回
5月22日
「韓国資本主義論争の性格について」
李東碩(京都大学大学院)
  第9回
7月10日
韓国経済の構造転換と金泳三政権
高龍秀(甲南大学講師)
  第10回
9月25日
朝鮮語のVOICE(態)について-日本語のVOICEと対照しながら- 
長谷川由起子(大阪外国語大学講師)
  第11回
10月30日
日本と韓国大学生の政治意識比較分析
全得柱(韓国 崇実大学校教授)
  第12回
12月18日
国民年金制度における在日外国人への障害年金不支給問題について
慎英弘(神戸大学講師)
1994年 第13回
2月26日
国際高麗学会北京学術会議第2回『統一を志向する哲学』に参加して 
金成秀(大阪経済法科大学助教授)
  第14回
4月2日
在外朝鮮人の現状
呉清達(大阪経済法科大学教授)
  第15回
6月25日
朝鮮戦争当時に南北でうたわれていた歌
山根俊郎(尼崎市役所)
  第16回
9月17日
「開発独裁」としての朴政権・維新体制の再検討
金元重(法政大学非常勤講師)
  第17回
12月10日
大学における朝鮮語教育について 
池貞姫(関西学院大学非常勤講師)
1995年 第18回
1月21日
韓国の経済発展と官僚制--資源動員能力をめぐって 
大西 裕(大阪市立大学助教授)
  第19回
3月11日
韓国の経済発展と地域問題-蔚山市の都市問題を中心に- 
鄭徳秀(大阪市立大学大学院)
  第20回
4月24日
朝鮮半島における南北経済交流の現況と今後の展望
裴光雄(大阪教育大学専任講師)
  第21回
6月17日
朝鮮語の字母『彪』と『舞』について
韓南洙(関西学院中学部非常勤講師)
  第22回
9月30日
中国朝鮮族の教育ー学校教育にみる朝鮮族の今日ー
鄭雅英 (法政大学大学院)
  第23回
12月2日
日本(三井物産)の開城人蔘利権獲得過程
高秉雲(大阪経済法科大学客員教授)
1996年 第24回
2月24日
村の生活組織をめぐる一考案ー韓国・済州島の事例からー
伊地知紀子(大阪市立大学大学院)
  第25回
4月20日
韓国における国家主導開発体制
高龍秀(甲南大学助教授)
  第26回
6月29日
在日韓国・朝鮮人教育における「民族教育」的側面と「反差別・人権教育」的側面
金泰泳(大阪大学大学院)
1997年 第27回
3月8日
最近読んだ韓国のベストセラー
滝沢 秀樹(大阪商業大学教授)
  第28回
6月7日
韓国における農産物輸入の動向と今後の展望
─UR合意前後からWTO体制出帆以後─
裴光雄(大阪教育大学助教授)
  第29回
11月22日
在日コリアン一世の日本語
─大阪市生野区に居住する一世の日本語運用に見られる構造的特徴─
金美善(大阪大学大学院)
1998年 第30回
1月29日
韓国の金融危機と「IMF時代」の経済政策
高龍秀(甲南大学助教授)
  第31回
3月26日
私と太平洋戦争、そして解放─治安維持法犠牲者に国家賠償を!─ 
徐元洙(㈱ダイキョー建設取締役会長 兵庫金剛保険㈱顧問)
  第32回
5月30日
8・15解放から朝鮮人学校閉鎖までにつかわれた国語科教科書について
韓南洙(大阪外国語大学非常勤講師)
  第33回
8月1日
近代朝鮮の商人像
裵 龍(ロンドン大学大学院)
  第34回
12月14日
在外朝鮮民族の歴史と現状
高賛侑(ノンフィクション作家)
1999年 第35回
6月28日
朴正煕政権下における文化の生産と仮面劇研究
―70年代学生街の仮面劇運動を中心に―
高正子(綜合研究大学院大学(国立民族博物館内)博士後期課程)
  第36回
8月6日
年金問題とハンセン病療養所の在日朝鮮人
―国民年金法成立(1959年)から給与金支給(1971年)までを中心に―
金永子(四国学院大学)
  第37回
10月4日
通貨危機後の韓国財閥における構造改革
高龍秀(甲南大学経済学部)
  第38回
12月21日
韓国経済分析の一視角─不均等発展と国際過剰流動性─
金俊行(大阪経済法科大学)
2000年 第39回
2月26日
「在日韓国・朝鮮人政策論の展開」の一考察
─出入国管理特例法上の法的地位を巡って─
趙誠敏(専修学校 教員)
  第40回
4月26日
製造業の展開と雇用成長の地域格差
許文九(大阪府立大学大学院)
  第41回
6月26日
日本と韓国の産業内貿易の時系列的分析
金栄緑(大阪経済法科大学アジア研究所客員研究員)
  第42回
12月16日
中国朝鮮族の民族自治権―延辺朝鮮族自治州成立過程への一考察―
鄭雅英(甲南大学)
2001年 第43回
2月17日
民主化以降の韓国における社会運動の展開―総合的市民運動を中心に―
飯田竜司(立命館大学大学院)
  第44回
6月25日
“満州事変”70年と在満朝鮮人
孫春日(延辺大学歴史学科教授)
  第45回
7月14日
1970年代以降の韓国労働市場の構造と変化
横田伸子(山口大学経済学部助教授)
  第46回
7月30日
韓国自動車産業と下請分業生産システム
金奉吉(神戸大学経済経営研究所助教授)
  第47回
10月20日
韓国における地域間人口移動
阿部 泰之(大阪商業大学大学院)
2002年 第48回
2月9日
朝鮮戦争以降の南北関係の変化
金銀英(梨花女子大学大学院)
  第49回
3月30日
中国と日本・韓国との経済的関係について
李 剛(大阪商業大学大学院)
  第50回
10月12日
韓国労働者階級の形成
高龍秀(甲南大学)
  第51回
12月18日
ディアスポラとしての在フィリピン韓国人
久津美香奈子(大阪外国語大学大学院)
2003年 第52回
1月23日
経済危機以降の韓国金融産業における労使関係の現状
朴昌明(関西学院大学大学院商学研究科)
  第53回
3月28日
植民地期における朝中貿易と朝鮮華僑の商業活動
李正熙(京都創成大学)
  第54回
6月11日
韓国経済における完全変動相場制移行の意味
金俊行(大阪経済法科大学)
  第55回
7月12日
中国朝鮮族の雇用問題と人口移動-延辺朝鮮族自治州を中心に-
鄭明子(大阪商業大学大学院博士後期課程)
中国における国有企業の改革-遼寧省国有企業の株式会社化を中心として-
李南芳(大阪商業大学大学院博士後期課程)
  第56回
12月12日
韓国自動車産業の再編と部品調達体制の変化
金正一 (大阪市立大学大学院)
2004年 第57回
5月15日
韓国の企業社会と労使関係 -労使関係におけるデュアリズムの深化-
朴昌明(立命館大学経営学部非常勤講師)
  第58回
7月3日
韓国社会階層の構造変化 -危機以後の中産層を中心に-
裴光雄(大阪教育大学助教授)
 2005年 第59回
2月26日 
 ヨーロッパの大学における韓国語教育
延哉勲(ロンドン大学)
  第60回
5月21日
 『済州島現代史―公共圏の死滅と再生―』をめぐって
文京洙(立命館大学)
2006年 第61回 
3月18日
朴一著 『朝鮮半島を見る眼―「新日と反日」、「親米と反米」の構図』書評
金栄鎬(広島市立大学)
朴一著 『在日ってなんでやねん』を読む―「嫌韓」言説へのむきあい方
鄭雅英(立命館大学) 
  第62回
9月11日
金俊行著『グローバル資本主義と韓国経済発展』をめぐって
高龍秀(甲南大学)
東北アジアの平和と日韓の対外政策
金栄鎬(広島市立大学)
2007年  第63回
3月3日 
東北アジア・リージョンにおける日本と韓国
金栄鎬(広島市立大学) 
2008年  第64回
7月12日 
韓国経済の発展パラダイムの転換
尹明憲(北九州市立大学) 
2009年  第65回
2月7日 
滝沢秀樹著『朝鮮民族の近代国家形成史序説』を読む
裴光雄(大阪教育大学)、鄭雅英(立命館大学) 
  第66回
5月9日 
金栄鎬著『日韓関係と韓国の対日行動』と高龍秀著『韓国の企業・金融改革』を読む
金俊行(関西学院大学)、安倍誠(アジア経済研究所)
  第67回
11月7日 
『ハンギョレ』の現状と課題
森類臣(同志社大学)
2011年  第68回
3月18日 
被害者は語ることはできるのか
高誠晩(京都大学大学院) 
  第69回
10月2日
朴一(パクイル)さんの語る在日朝鮮人像・「在日三部作」を読む
藤井幸之助(神戸女学院大学)
朴一『在日三部作』から何を学ぶか
綛谷智雄(福岡医療福祉大学) 
2012年 第70回
1月28日 
<書評会>滝沢秀樹『私のコリア人間地図』御茶の水書房、2011年を読む
文京洙(立命館大学)、裵龍(大阪経済法科大学)
  第71回
8月1日
ある「韓国人研究者」による在日コリアンの民族教育研究―『「語られないもの」としての朝鮮学校』(岩波書店、2012年6月)を中心に ―
宋基燦(大谷大学)
  第72回
10月20日
解放後の朝鮮人学校教科書にみる「民族意識」
池貞姫(愛媛大学)
2013年 第73回
2月9日 
ビラから見る6・25
鄭容郁(ソウル大学校)
  第74回
6月23日  
在日コリアン社会と民族舞踊—東アジア文化交流の観点から—
韓栄恵(ソウル大学校) 
  第75回
9月17日  
2012年韓国国政選挙をめぐる在日コリアンの対応と変化
金雄基(弘益大学校)
  第76回
12月15日  
内/外から映し出された済州島100年(1890s〜)
高暎子(済州伝統文化研究所)
 2014年 第77回
5月10日 
 朴槿恵政権下の南北関係、現状と課題
金根植(慶南大学校)
 
5月24日
移民子女の言語教育とアイデンティー ―朝鮮学校における継承語教育を中心に ―  ※科学技術研究部会共催
柳美佐(京都大学)
   第78回
12月13日
在日コリアン一世としての作家・立原正秋
綛谷智雄(神戸医療福祉大学)
 2015年 第79回
1月31日 
中国朝鮮族の移動と、日本在住の朝鮮族の暮らし
宮島美花(香川大学)
第80回
11月28日
金達寿の転向論―『朴達の裁判』をめぐって
廣瀬 陽一(日本学術振興会)
2016年 第81回
3月11日
韓国型社会的経済政策モデルの開発
徐在教(ハンギョレ経済社会研究院)
  第82回
3月26日
 米国ハワイの韓人移民史 ― 113周年
姜健栄(大同クリニック)
  第83回
12月10日
 韓国における教育の情報化
具徳會(ソウル教育大学) ※科学技術研究部会共催
 2017年 第84回
1月9日
1940年の在日朝鮮人の就業構造ー国勢調査原票の分析
丁振聲(韓国放送大学)
第85回
2月25日
 在日朝鮮人個人にとっての民族/歴史
李洪章(神戸学院大学)
  第86回
7月22日
 朴大統領狙撃事件と在日韓国人青年・学生運動
高祐二 氏(兵庫朝鮮問題研究会)
  第87回
10月8日
 『<犠牲者>のポリティクス ー済州4・3/沖縄/台湾2・28 歴史清算をめぐる苦悩』(京都大学出版会、2017)
高誠晩(立命館大学)
  第88回  
>